鯵ケ沢町の山村開発センターで21日、町民を主な対象に、大雨による災害を想定したワークショップが開かれた。約80人の参加者は避難情報に対し、家族や住居といった環境も考えながら、どう避難するかを具体的に話し合い、万一に備えた。
【写真説明】避難方法について、具体的な話し合いをする参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。