津軽一円の蔵元や酒類販売店などで構成する「推奨津軽地酒会」(山谷金光会長)は21日、市販されている地酒の味を競う「第15回津軽地酒大賞」の選定会を弘前市野田のラグリーで開いた。酒を飲み比べた会員ら64人が味わいや香りなどを慎重に審査し、投票で全7部門の地酒大賞を決定した。
 各部門の大賞は次の通り。
 本醸造=安東水軍 本醸造辛口(尾崎酒造)
 吟醸酒=安東水軍 吟醸 神の座(尾崎酒造)
 大吟醸=じょっぱり 大吟醸(六花酒造)
 純米酒=じょっぱり 純米酒(六花酒造)
 特別純米酒=華一風 特別純米酒(玉田酒造)
 純米吟醸酒=蔵人 純米吟醸(玉田酒造)
 純米大吟醸酒=じょっぱり 華想い 純米大吟醸(六花酒造)
【写真説明】地酒を口に含み、味や香りをじっくり確認しながら投票に臨んだ参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。