五所川原市の津軽地吹雪会(角田周代表)による地吹雪体験が21日から、同市金木町で始まった。津軽の冬を観光資源とする取り組みは30年目。参加者は角巻きとかんじき姿で雪原を歩き、童心に帰ったようにはしゃぐ姿も見られた。
 【写真説明】角巻きとかんじき姿で雪原を走り、津軽の冬を楽しむ参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。