2月1日に県武道館で開かれる新日本プロレス弘前大会「戦国炎舞―KIZNA―Presents Road to THE NEW BEGINNING」のPRイベントとして21日、同市のさくら野弘前店で本間朋晃選手のトークショーが行われた。本間選手は、トレードマークのハスキーな“がさがさ声”で観客の笑いを誘いながらも、大会の見どころや弘前の印象について真剣に語った。
 弘前大会の開演は午後6時半。チケットは同店やチケットぴあなどで発売中。
 【写真説明】本間選手(左)が子どもたちの質問に笑顔で答えたトークショー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。