国土交通省青森河川国道事務所は20日、県内の直轄管理区間である岩木川水系と馬淵川水系を、考えられる最大規模の降雨が襲った場合の被害想定区域をまとめた防災資料を公表した。河川氾濫時の想定洪水・浸水区域を示す「洪水浸水想定区域」を見直したほか、家屋倒壊などの想定区域を新たに追加。岩木川水系は津軽ダム完成などで、前回公表時と比べて浸水面積が微減となった。関係市町村の避難活動に役立てられることが期待されている。
 防災資料は、同事務所ホームページ内の「浸水想定区域図トップ」から確認できる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。