あおもりコーヒーライセンス委員会(弘前市、成田専蔵委員長)が展開している資格試験「コーヒーアドバイザー バリスタ」のうち、外国人を対象としたインターナショナルクラスの合格者が通算100人に達した。これまで韓国人の学生や社会人がコンスタントに受験しており足かけ7年での達成同委員会は「これからも、コーヒーを縁とした国際交流を推進したい」としている。
【写真説明】コーヒーの味利きに挑戦する韓国の学生ら。この後の抽出試験を経て、全員が合格を果たした

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。