平川市の国際交流(中学生ホームステイ派遣)事業で米国メーン州を訪問していた派遣団が16日、市役所で長尾忠行市長に帰国報告した。派遣された中学生10人は「文化の違いを知ることができた」「世界の広さ、自分の小ささを知った」などと話し、少し成長した姿を見せた。
【写真説明】長尾市長(前列中央)に帰国報告した中学生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。