弘前市を主な舞台にした日仏共同製作のインディペンデント系映画「デッサン」(仮題、MLDフィルム製作)の製作発表会が17日、弘前市立観光館で開かれた。五十嵐耕平監督(33)=東京都=とダミアン・マニヴェル監督(35)=パリ=による共作。自作の絵を父に見せようと自宅から職場の魚市場へ向かう少年の“小さな冒険”をドキュメンタリー風に描く。キャストは全て地元住民で、19日から撮影する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。