弘前実業高校服飾デザイン科3年生の40人が制作した「弘実デザイン角巻2017」が完成し、17日に同校で作品の発表会が開かれた。今年は2年ぶりに希少な昭和初期の伝統角巻きをリメークに活用。本県の自然や観光地、祭りなどを若い感性で表現した10作品がお披露目された。
【写真説明】工夫を凝らして制作した角巻きを披露する弘前実業高の生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。