第67回県中学校スキー競技大会は最終日の15日、八甲田国際スキー場でアルペン男女回転、大鰐温泉スキー場の青森あじゃらクロスカントリーコースで距離男女リレーが行われた。
 回転は、女子の須藤真央(裾野)が2回ともラップを奪って優勝し、大回転との2冠を達成。男子は工藤優斗(北辰)が津軽勢最高の準優勝を果たした。
 距離リレーの女子は、大鰐が2位に30秒以上の差をつけ2連覇。
 学校対抗女子も大鰐が2位の野辺地に21点の大差をつけて頂点に輝いた。
 第54回全国中学校スキー大会は2月2~5日に山形県の真室川町でアルペン、距離競技、同3~5日に米沢市で純飛躍、複合競技がそれぞれ行われる。
【写真説明】女子回転 大回転と合わせて2冠を果たした須藤真央(裾野)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。