田舎館村の「田んぼアートの里ブランド化推進協議会」(会長・鈴木孝雄村長)は15日、村の特産品であるイチゴの新規就農者育成などを目指す「いちご塾」を開催した。参加者は村内でイチゴ農園を営んでいる農家から話を聞き、現状に理解を深めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。