高齢者が施設入所などを機に、飼っていたペットを手放すケースが増えている。加えて普段の暮らしでも、ペットの存在を理由に入院を拒否したり、経済的に困窮していてもペットを優先した暮らしをするなど、依存や孤立を深めるケースも。核家族や一人暮らし高齢者が増え、心を癒やし、生活を豊かにするパートナーとしてペットの存在感が強まる中、課題も浮かび上がる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。