第41回弘前城雪燈籠まつり(2月9~12日)の開幕まで1カ月を切った10日、会場の弘前公園四の丸で、メインとなる大雪像の制作が始まった。今年は国登録有形文化財の藤田記念庭園洋館が初めて題材になる。同日は雪像作りに当たる陸上自衛隊弘前駐屯地の協力隊が編成完結式を行って士気を高め、枠組みの組み立て作業に取り掛かった。
【写真説明】小雪が舞う中、大雪像の枠の組立て作業に取り掛かった隊員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。