弘前市・西目屋村の「消防団出初式」が9日、同市土手町通りで行われた。参加した分団員約1560人が、まとい振りや分列行進を披露し、1年間の災害防止と安全な街づくりに向けて士気を高めた。
【写真説明】まといを持ち上げ、力強く振り回す団員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。