県スキー連盟は9日、雪不足の影響を受け、大鰐温泉スキー場内の大鰐町総合案内所で組織委員会を開き、18日から同スキー場で開かれる県スキー選手権アルペン競技とユース大会(旧チルドレンレース)実施の可否を15日に最終判断することを決めた。選手ら関係者の宿泊や会場地までの移動などでの混乱を避けるため、会場変更や延期は行わず、中止か実施の2択となる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。