五所川原農林高校(山口章校長)は今月、同校園地で収穫したリンゴを初めて輸出する。18日から生徒たちが中国四川省成都市を訪れ、2016年産ふじ約250キロを販売する予定。同校初の取り組みに向け、生徒たちは選果作業や中国語による販売接客シミュレーションといった準備を進めている。
 【写真説明】指導を受けながら、リンゴ一つ一つに高圧の空気を吹き付けて洗浄する生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。