弘前市沢田地区で450年以上続く奇習「沢田ろうそくまつり」が2月11日、沢田神明宮境内で行われる。同まつり実行委員会(三上優一会長)は7日、同市の中央公民館相馬館で全体会議を開き、関係者24人が当日の進行や役割分担を確認。今回のテーマやポスターも示された。
 当日は無料シャトルバスも運行。弘前市湯口の相馬村農協湯口支所発((1)午後5時10分発(2)同7時20分発)~大助経由~祭り会場の「行き」と、会場発((1)同6時40分発(2)同8時40分発)~大助経由~同支所の「帰り」がある。問い合わせは相馬総合支所(電話0172―84―2111)、JA相馬村(電話0172―84―3215)へ。
 【写真説明】2月11日に行われる「沢田ろうそくまつり」のポスター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。