県が昨年12月下旬から、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を開始した、関西圏向けのウェブムービー「ディス(り)カバリー青森!」が県内外から注目を集めている。関西圏では知名度が高い「滑舌悪い芸人」こと芸人の諸見里大介さんと、三村申吾知事をはじめ県民が津軽弁、南部弁を交えてラップバトルをするという内容で4日現在、視聴回数は22万回を超えた。県誘客交流課では「何か青森で面白いことをやっているな、と感じてもらえるきっかけにしてもらいたい」と話している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。