三村申吾知事は4日の定例会見で、新年を迎えての今年の抱負として(1)国内外からの誘客促進(2)「北海道・北東北の縄文遺跡群」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)による国内推薦に向けた課題解決と機運醸成―などを挙げた。デビュー2年目の県産米「青天の霹靂(へきれき)」については「良い物を作った自信はある」と米の食味ランキング最高評価である「特A」の3年連続取得に自信をのぞかせた。
【写真説明】会見で今年の抱負を語る三村知事

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。