年末年始を故郷で過ごした人たちのUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。県内の駅や空港では土産や大きな荷物を手にした家族連れや見送りをする市民らの姿が目立った。
 同日のJR弘前駅では、午前からホームに乗車客の列ができた。東京方面へ向かう東北新幹線に接続する特急「つがる」に乗り込む帰省客らは家族との別れを惜しみながら列車に乗り込んでいた。
 同駅によると、Uターンラッシュは3日から始まり、9日まで続く見込み。
【写真説明】キャリーバッグを手に特急「つがる」に乗り込むUターン客ら=3日午後2時50分ごろ、JR弘前駅

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。