黒石市の津軽こけし館で2日、こけしの初挽(び)きが行われた。多くのこけしファンが見守る中、津軽系工人阿保正文さんが白装束に身を包み、業界発展と技術向上を願いながら今年最初の1本を作り上げた。
【写真説明】真剣な表情でこけしの初挽きに臨む阿保さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。