食用アヒルを飼育する青森市内の2農場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、三村申吾知事は27日、「ウイルスの封じ込めに成功した」と終息を宣言した。一方、県内で野鳥のウイルス感染が相次いでいることなどから、県は各農場に対して発生防止対策を徹底するよう呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。