藤崎町常盤地区で、元旦に常盤八幡宮に奉納される年縄(としな)の製作が大詰めを迎えた。27日夜は同地区の年縄伝承館で最終工程の「綱合わせ」が行われ常盤地区コミュニティ協議会年縄部会(阿部昭雄部会長)のメンバーら約20人が参加した。
【写真説明】力を合わせて「綱合わせ」の作業に取り組む常盤地区の住民ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。