鐵心書道会を主宰する吉澤秀香さん(84)=弘前市=が25日、市民会館管理棟で「ライブパフォーマンス書道」を行い、来年の干支(えと)の「酉(とり)」を縦4メートル、横2・5メートルの画仙紙に力強い行書体で揮毫(きごう)。吉澤さんは「来年はいいものをたくさん取り入れられる、素晴らしい年になってほしい」と願いを語った。
【写真説明】力強い筆遣いで画仙紙に「酉」の文字を揮毫する吉澤さん(手前右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。