中泊町が2015年8月から同町中里字紅葉坂に建設していた町役場新庁舎の竣工(しゅんこう)式が12日に行われ、関係者が完成を喜んだ。業務は来年1月4日から始める。
 新庁舎は総工費約20億円。鉄骨2階建てで、敷地面積1万4709平方メートル、延べ床面積4239平方メートル。木質ペレットの冷暖房システムを導入し、全てのトイレに障害者用を併設。エレベーターや授乳室を新たに設置したほか、2階の大会議室は災害時の避難場所に活用可能で、72時間連続運転可能な発電設備なども備わっている。
【写真説明】完成した中泊町役場新庁舎

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。