県は28日、青森市内の農場で、食用アヒルから高病原性の可能性が高い鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。県内で家禽(かきん)で鳥インフルエンザが発生するのは初めて。県は防疫対策本部を設置し、農場で飼育されているアヒル約1万6500羽の殺処分を開始するとともに、周辺農場に対し、移動制限(半径3キロ以内)、搬出制限(半径10キロ以内)を実施。消毒ポイントを設置するなど、ウイルスの封じ込めを図る。
 【写真説明】感染の確認を受け、農場に入る県職員(28日午後10時40分ごろ)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。