西北五地域の若手農家らによる「和島の会」(和島勇人会長)は25日、鶴田町の児童養護施設「幸樹園」(山口俊輔理事長)を訪れ、約540キロの新米や菓子、ヨーグルト製品を寄付した。寄付は今年で5年目で、受け取った山口純子副園長は「このように毎年気に掛けてもらい、本当に感謝している」と述べた。
 【写真説明】山口副園長(右から4人目)にコメなどを贈った和島の会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。