共生社会の実現を目指すイベント「バリアコンシャス プロジェクト!」が12月3、4日、弘前市のヒロロ3、4階で開かれる。ヒロロスクエア賑わい創出委員会、NPO法人光の岬福祉研究会、津軽地方の当事者家族らによる「障がい児の地域生活を考える会」の3団体が“障がいに関する文化・スポーツ活動などの体験”を目的に初開催。ドキュメンタリー映画の上映会をはじめ、意欲的な企画を準備する。主催者は「ぜひ、多くの市民に来場してほしい」と呼び掛けている。
 【写真説明】プロジェクトの軸である「みんなの学校」上映会をPRする(左から)光の岬福祉研究会の佐藤理一郎事務長、考える会の須藤麻利子委員長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。