弘前市の相馬中学校(原子修逸校長)の3年生30人は25日、同市紙漉沢の「交流センター紙漉の里」で、卒業証書に使うための和紙作りに取り組んだ。
 【写真説明】卒業証書用の和紙作りで紙すきを体験する生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。