弘前大学ボランティアセンター主催の第2回市民ボランティア講座が25日、同大で開かれた。同センターの李永俊副センター長が発生から半年以上が経過した熊本地震被災地の現状や、観測史上初めて東北地方太平洋側に上陸した今年8月の台風10号による被災地での支援活動について報告し、参加者が必要とされる支援を学んだ。
 【写真説明】熊本地震被災地の現状やボランティア活動の状況について、報告した李副センター長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。