プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスは26日、弘前市、青森市、八戸市など東北6県の18会場でシーズン報告会を開いた。弘前市では来年6月、楽天の1軍公式戦が行われることから、報告会を初めて開催。藤田一也内野手、福山博之投手、三好匠内野手の3選手らが訪れ、トークショーなどでファンとの交流を深めた。
 トークショーでは、今季ゴールデングラブ賞を獲得した藤田選手、U―23WBC日本代表で主将を務めた三好選手が活躍を振り返ったほか、福山選手らがユーモアたっぷりの掛け合いで会場を沸かせた。ご当地クイズやプレゼント抽選会の後、全員での記念撮影が行われ、最後は選手全員が来場者をハイタッチで見送った。
【写真説明】報告会でファンと一緒に記念撮影する楽天の選手ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。