生産量日本一を誇る“りんごの街弘前”を通年でPRする「りんご王国」の一環で、貴重品種の県産リンゴを宿泊客にPRする企画が26日、同市のブロッサムホテル弘前で行われた。宿泊客1人につき市場にあまり出回っていない人気品種「ぐんま名月」1個をプレゼントするもので宿泊客を津軽流のおもてなしで出迎えた。
 同市では国内のリンゴの約2割を生産している弘前を「りんご王国」と位置付け、リンゴをキーワードとして、通年で弘前の魅力を発信。同市で収穫された希少価値の高いリンゴをりんご王国の「とっておきのりんご」と定め、弘前駅前の「りんごの専門店ナカムラ」で30日まで限定販売している。
【写真説明】客室に貴重品種の「ぐんま名月」(左下)を置いて、とっておきのリンゴで宿泊客を歓迎する

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。