プロバスケットボール・Bリーグ(B2)の青森ワッツは26日、青森市のマエダアリーナで福島ファイヤーボンズと第9節第1戦を行った。ワッツは終盤の攻守のミスが響き、89―93で競り負けた。
 ワッツは立ち上がり、勢いに乗った。アラン・ウィギンスの連続得点などで徐々に福島を引き離し、6点差をつけて第1クオーターを終えた。しかし、第2クオーターからパスなどの連係が乱れ始め、39―42と逆転を許す。
 第3クオーターで一時、同点とするも勝ち越すことができない。最終クオーターに、ブランドン・セビルンビのシュートで再び同点に持ち込んだが、試合終了間際に連続得点を許し、小差で敗れた。
 27日の第2戦は、同会場で午後2時から開始する。
写真説明【第9節第1戦・青森―福島戦】青森は第3クオーター、アラン・ウィギンス(右)がシュートを決め、58―58の同点とする=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。