プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスは25日、東北6県で学校訪問活動を実施した。弘前市の桔梗野小学校(高木隆雄校長)には藤田一也内野手、福山博之投手、三好匠内野手の3選手が訪れ、4~6年生の児童151人と触れ合った。
 この日は、選手らが児童一人ひとりに球団の野球帽をプレゼント。児童らは選手とキャッチボールやティーバッティングなどをして、プロの選手と間近で交流した。
【写真説明】児童らとハイタッチする(中央手前から)藤田、福山、三好の3選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。