弘前市の東北栄養専門学校(今村吉彦校長)で22日、包丁研ぎの特別授業が行われた。同市の二唐刃物鍛造所の吉澤俊寿代表取締役らが講師を務め、生徒19人は砥石(といし)に刃を当てる角度など、プロの技を間近で学んだ。
 【写真説明】吉澤代表取締役(左)の指導の下、包丁の研ぎ方を学ぶ生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。