膝前十字靱帯(じんたい)損傷の検査で、五所川原市の医療機器製造業ビット・テック(木村英雄代表取締役)は、従来より大幅に小型化した簡易型測定器「膝関節運動テスタ(KMI)」を開発し、10月に全国販売を開始した。県の青森ライフイノベーション戦略を通じた青森発の産学官連携開発品が、一般医療機器で初めて製品化した。
 【写真説明】KMI(中央)を使ったラックマンテスト

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。