環境省や林野庁、県などの関係機関で構成する白神山地世界遺産地域連絡会議(ニホンジカ対策事務局・環境省東北地方環境事務所)は22日、西目屋村と深浦町、秋田県側の白神山地世界遺産地域の周辺で雄のニホンジカ8頭(18日時点)を目撃したと発表した。確認された期間は、10月14日~11月7日で、場所はいずれも世界遺産地域外だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。