職員の育児と仕事の両立を支援している管理職を表彰する厚生労働省の「イクボスアワード2016」で、弘前警察署の齊藤重光署長が最高賞のグランプリを獲得した。職員が仕事と生活を両立できる職場環境をつくる「イクボス」になることを宣言。男性職員も育児休暇を取得しやすくなる取り組みなどが評価され、公務員初の受賞となった。18日に東京都の東京科学未来館で表彰式が行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。