フルマラソンの距離を団体で走る「第2回弘前城リレーマラソン大会」が6月15日、弘前公園内特設コースで開かれる。主催のNPO法人スポネット弘前(一戸忠道理事長)は3月1日から参加募集を開始するのに当たり24日、弘前市役所で記者会見を開いた。昨年の倍に当たる200チームを募るとし「気軽に運動を始める機会として、誰でも参加できるようにしたい」とPRした。
 前回は1チーム5~10人の参加としたが、今回は最大21人が登録でき、1人1周すればチームとしてフルマラソンの距離を走ったことになる。小中学生の部は大人が2人まで入れる。また、地域コミュニティー強化に貢献したいとし町会・PTAの部を新設。「短命県返上」をテーマに健康関係のブースも設ける。
 参加基本料は小中学生の部が1チーム7000円、他の部は同1万円。11人目以降は追加料金が発生する。希望者は所定の申込書に必要事項を記し、同NPOへ郵送(〒036―8035 弘前市百石町2の1弘前商事ビル2階)かファクス(0172―88―6239)で送信する。募集期間は4月30日までだが、定員に達し次第締め切る。
 問い合わせは同NPO(電話0172―32―6523、メールinfo@sponet-h.com)へ。
 【写真説明】弘前城リレーマラソン大会をPRするスポネット弘前の鹿内さん(右)と名誉大会長のたか丸くん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。