県内著名人訃報

 

11月30日死去

2018/12/2 日曜日

 

 五所川原市議の寺田武造(てらだ・たけぞう)氏が11月30日午後6時59分、病気のため入院先のつがる総合病院で亡くなった。72歳。通夜は4日午後6時から、葬儀は5日午前11時から、ともに五所川原市石岡のメモリアルホールかさいで。自宅は同市松島町8の54。喪主は長男の弘明(ひろあき)さん。
 寺田氏は1997年10月に旧五所川原市議に初当選し、現在通算5期目の重鎮。2015年2月から2年間、市議会議長を務めたほか、市の監査委員や五所川原地区防犯指導隊総隊長なども務め、市の発展に尽くした。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。

∆ページの先頭へ

10月18日死去

2018/10/25 木曜日

 

 弘前市出身の直木賞作家で、多数の小説やエッセーを通じて津軽の風土と気質を伝え続けた長部日出雄(おさべ・ひでお)さんが18日、虚血性心不全のため東京都内の自宅で死去していたことが24日に分かった。84歳だった。葬儀は同日、近親者で執り行った。喪主は妻の真知子(まちこ)さん。同郷の太宰治、棟方志功に関する評伝も高く評価された。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。

∆ページの先頭へ

8月14日死去

2018/8/15 水曜日

 

 2006年から五所川原市長を3期務めた平山誠敏(ひらやま・まさとし)氏が14日午後0時18分、左腎盂(じんう)がんのため入院先のつがる総合病院で死去した。78歳。火葬は17日午後2時から五所川原市葬斎苑で、通夜は28日午後6時から、葬儀は29日正午から、ともに市ふるさと交流圏民センターオルテンシアで。喪主は長男で五所川原ガス代表取締役社長の敦士(あつし)さん。自宅は五所川原市新町37。

∆ページの先頭へ

4月16日死去

2018/4/21 土曜日

 

 元県体育協会会長で元県議会副議長の清藤六郎(せいとう・ろくろう)氏が16日午前1時20分、病気のため弘前市内の病院で死去した。94歳。自宅は平川市大光寺一滝本123。通夜、葬儀は近親者のみで執り行う。告別式は22日午後2時から、黒石市緑町2丁目のメモリアルホールにしやで。喪主は長男の幸則(さちのり)さん。
 清藤氏は黒石市出身。1983年4月から2003年まで県議5期、1993年12月から95年4月まで副議長を務めた。また、2005年5月から1年間、県体育協会会長を務めた。

∆ページの先頭へ

4月14日死去

2018/4/20 金曜日

 

 弘前大学名誉教授の今充(こん・みつる)氏が14日午後2時15分、脳腫瘍のため療養していた弘前市内の病院で死去した。86歳だった。故人の生前からの希望により、追悼の儀は近親者のみで済ませた。
 今さんは1932年に同市で生まれた。弘大大学院医学研究科を修了後に外科医となり、弘大医学部附属病院院長などを歴任。
 弘大医学部第2外科教授だった94年には、母親の肝臓の一部を1歳の男児に移植する、県内初となる生体部分肝移植手術を成功に導いた。
 97年に定年退官した後は、重症疾患研究所厚生病院院長のほか、国立病院機構弘前病院でセカンドオピニオンを担当した。同時に昨年7月までの20年間、平川市のつがる温泉で無料健康相談を毎月開くなど、地域医療の充実にも貢献。陸奥新報紙上では「今充の健康相談」を連載した。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 6 7 ... 11