県内著名人訃報

 

2月1日死去

2016/2/2 火曜日

 

 岩木山の麓、弘前市常盤野地区にある癒やしの家「森のイスキア」を主宰していた佐藤初女さんが1日、乳がんのため死去した。94歳だった。佐藤さんは全国各地から訪れる苦しみを抱えた人たちを受け入れ、手製のおむすびなど心を込めた料理でもてなしてきた。昨年春に病が分かってからも自宅療養しながら山に足を運び、悩める人の声に耳を傾け続けていた。食と命に向き合い、奉仕の精神を貫いた人生だった。
 佐藤さんは、1921年、青森市に生まれた。小学校教員を経て、ガールスカウト団体の代表や老人ホームの訪問などのボランティア活動が母体となり、83年、自宅をやすらぎの場「弘前イスキア」として開放。その後「大自然の中に、心病める人の憩いの場をつくりたい」という思いが強くなり、92年、岩木山麓に「森のイスキア」を設立、奉仕活動を行ってきた。
 95年には、ドキュメンタリー映画「地球交響曲第二番」で、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世らとともにその活動が紹介され、全国に広く知られる存在に。各地で料理講習会や、国外でも講演を行っていた。
 これまでに、国際ソロプチミスト女性大賞や弘前市シルバー卍賞(93年)、社会貢献者表彰(2011年)などを受賞している。
 自宅療養をしていた佐藤さんだったが「希望がある人は断らないという信念があった」(親族男性)ことから、以前より回数は減ったものの、森のイスキアに足を運び続けていた。1日未明に容態が悪化し、同日午前2時30分、搬送先の弘前市内の病院で死去した。
 通夜は近親者で執り行い、葬儀は6日午前11時から、カトリック弘前教会で。喪主は孫の信平(しんぺい)さん。自宅は同市桔梗野1の9の8。

∆ページの先頭へ

1月5日死去

2016/1/9 土曜日

 

 葛西美枝子さん(かさい・みえこ、本名ミヱ=詩人)が5日午後10時29分、脳梗塞のため弘前市内の病院で死去、82歳。通夜祭は10日午後6時から、葬場祭は11日正午から、ともに同市八幡町3丁目の高谷萬花堂八幡町ホールで。自宅は同市青山2の11の3。祭主は長男の和孝(かずたか)さん。
 弘前中央高校、僻地学校教員養成所卒業後、教員生活のかたわら詩を創作。自作詩を独自の感性で表した書でも国内外で高い評価を得、2014年に日タイ交流文化功労者に認定。1998年には自作詩を朗読する「麗日の会」を同市で立ち上げ、長年代表を務めた。陸奥新報に「海と雪のある風景」「心の旅」など連載。

∆ページの先頭へ

Page: 1 ... 11 12 13 14 15