日々燦句 (石﨑志亥)

 

竹箒大きく使ひ落葉掃く(中村静江)

2017/10/28 土曜日

 

 俳句に限らず、その時々に出会った表現に大いに納得のゆくことがある。竹箒(たけぼうき)大きく使ひがそうだ。今、作者のいる世界を完全に支配している。眼前の光景が生き生きと動いていて、今にも俳句の中から飛び出しそうだ。まるで言葉とはこんな具合に遣うものだという手本のようである。『新青森県句集第27集』所収。

∆ページの先頭へ

橡一つ捨てかねてゐる山の午後(小山内孝子)

2017/10/27 金曜日

 

 優柔不断な訳ではない。山にあって思うところがあるのである。たかが橡(とち)一つと言うなかれそれは作者にとっては価値あるもの簡単に放り投げることなどできないどんな理由があるのだろうか古井由吉の杳(よう)子(こ)』を思い出した。杳子は深い谷底に一人で坐っていたがおうよう自選十句集第十二巻所収。

∆ページの先頭へ

終点はふるさとの山秋没日(中村雅子)

2017/10/26 木曜日

 

 〈秋没日(あきいりひ)〉は、夕日が辺りを赤々と染めながら没してゆく様。その寂寥(せきりょう)感が「ふるさと」にはよく似合う。産土(うぶすな)の景色でもあるが、こころの中の景色でもある。人は何故にこんなにも「ふるさと」が好きなのだろう。〈終点〉バスの終点だろうか、それとも、ほかの何かの終点を暗示しているのか。『新青森県句集第27集』所収。

∆ページの先頭へ

私なら自然のままに草紅葉(藤川恭子)

2017/10/25 水曜日

 

 紅葉の本流からは外れるのかもしれないが、視線を下げての〈草紅葉〉も美しい。作者の思いはよく分かる。視線がどこに向くのかは、関心がどこにあるのかということだろう。善し悪しではない。せめて俳人だけでも、万遍なく十方の紅葉を愛(め)でたいもの。〈自然のままに〉が一番よい。『新青森県句集第27集』所収。

∆ページの先頭へ

紅葉狩聞けば少々遠くとも(松野千佳子)

2017/10/24 火曜日

 

 少し風変わりで、意外性があり面白い句だ。まるで日常会話の一部分のようでもある。このような構えで俳句を認めるのは難しかろう。俳句は本心を素直に表現するのが得意ではないところがある。結局は持って回った言い方になる。捻(ひね)るのである。十七音という制約が無体に立ちはだかる。『新青森県句集第27集』所収。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 416

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード