日々燦句 (石﨑志亥)

 

雪起こし浜町釣町漁師町(石戸黄口)

2012/12/14 金曜日

 

 1889年4月1日、町村制の施行により田中町、七ツ石町、米町、本町、浜町、新町、釣町、漁師町、新地町、冨根町、淀町が合併して鯵ケ沢町が誕生した。雪起こしは、雪の降りそうな悪天候に鳴る雷のこと。それにしても全部固有名詞を並べ、リズムに乗った雷鳴の歩がみえる。これも一つの発見。おうよう合同句集の一句。

∆ページの先頭へ

「はたき」今死語となりたり煤払ひ(小杉郁子)

2012/12/13 木曜日

 

 新年を迎えるために、屋内の煤(すす)やほこりを払い清めるのが煤払い。江戸時代には12月13日に行われていたというが、今はいつ行うかは決まっていない。「はたき」、そう言われて気付いたが、確かにわが家でもいつの間にか「はたき」が消えている。まさに死語そのものだ。弘前文藝の一句。

∆ページの先頭へ

道路鏡わが着ぶくれを捕へをり(長浜享子)

2012/12/12 水曜日

 

 寒い、寒いと言って衣類を重ねて着込んでいくと、体型が膨らむ。着膨れた姿はおかしみを誘う。カーブミラーに映った己の姿を見て、作者はすぐさま一句に仕上げたのだ。この句作精神に多くの方が共感を覚えるであろう。カーブミラーに逮捕された句にまだ出合ってはいない。全国俳誌ダイジェスト俳壇抄の一句。

∆ページの先頭へ

予報士の津軽に落す雪マーク(澁田紀子)

2012/12/11 火曜日

 

 ニュース番組の後に出てくる天気予報。最近は、天気予報士が地図上にさし棒で「くっつけ、ぽとん」と、魔法のように雪マークを落とす仕掛けをよく見る。「こっちに落ちなければいいのに」と思っていると落ちてしまう。俳人はそこを見逃さない。天候は気まぐれだ。最近は好き放題に暴れまくっている。俳誌「雪天」の一句。

∆ページの先頭へ

小雪舞ふ千空句碑の母の字に(髙松栄)

2012/12/9 日曜日

 

 雪にはいろんな雪がある。積もったばかりの軽い雪を新雪、風に吹かれて飛ぶ雪を風雪、積雪が春まで残るものを根雪と呼ぶ。掲句は故成田千空の代表句「大粒の雨降る青田母の故郷」の母に係って、母を思う心が強調されていよう。名句に花を添えた、小雪の舞う一景がほうふつと…。五所川原俳句樹の会合同句集の一句。

∆ページの先頭へ

Page: 1 ... 411 412 413 414 415 416 417 418 419 ... 482

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード