日々燦句 (高森ましら)

 

奥の間もカレー匂ふや雛の夜(横山宵子)

2021/3/3 水曜日

 

 ひな祭りの宴(うたげ)の後か。奥の間まで詠み込んでいるので、賑(にぎ)やかだった様子が浮かぶ。雛(ひな)の膳ならぬカレーが、子供らの光景と気さくな仲間を想像させよう。
 合同句集『津軽』2より。

∆ページの先頭へ

野球部が駐車案内卒業日(木田多聞天)

2021/3/2 火曜日

 

 高校の運動部の中では野球部への関心がもっとも高い。球児も期待に応える。統制も取れているから行事の手伝いもお手のもの。その後輩の様子に卒業の先輩も嬉(うれ)しいのだ。
 『渋柿園』第548号より。

∆ページの先頭へ

春色のルージュ手に入れうふふふふ(聖雪)

2021/3/1 月曜日

 

 甘納豆でなくとも「うふふふふ」は3月のさざめきとして俳人に共鳴しているようだ。この春色は桃色か。強調してショッキングピンクか。ただ句はコロナ禍前でマスクなし。
 『青森県句集』第31集より。

∆ページの先頭へ

焼きイカを釣果となして二月尽(佐藤遊白)

2021/2/28 日曜日

 

 晩のおかずは任せろ、と意気込んだが釣果はゼロ。帰りに魚屋に寄るという噺(はなし)はある。この時期の釣りの狙いは烏賊(いか)だったのだろうか。ともかく頑張った自分の晩酌用にと。『県現代俳句年鑑』2020年版より。

∆ページの先頭へ

踵返し贔屓の店の鶯餅(南州)

2021/2/27 土曜日

 

 春先に鶯(うぐいす)の鳴き声を耳にすることは滅多にない。ただ時期として鶯餅は出回る。家が近くなって梅の蕾(つぼみ)でも眼(め)に入ったのか。例年のパターンで、やっぱり買って帰ろうと。
 『千青』第26号より。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 ... 366

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード