日曜随想

 

「東京マラソンと検診」運動と健康から広がる世界

2016/2/7 日曜日

 

 青森にとって冬は雪であるが、東京では駅伝・マラソンシーズンである。2月の東京マラソンは五輪選手選考も兼ねている。筆者も2回出場した。第1回と4回だが五輪が目標ではない。
 1回目は偶然の補欠当選であった。学校のこの時期は成績処理のため教員の忙しさを思うと何も話せなかった。
当時の受付は、東京ドーム。学生時代からスキー部で距離競技に出場し、当日も競技用のレースウエアを着用したため東京の人よりは有利だと個人的に確信していた。しかし、期待は天候で一気に覆された雨だったスタート地点の東京都庁ではカッパを着たまま30分以上は立ったままの状態であり、寒くて寒くてゴール直前まで手放せなかった。4回目もそうだったが一番の敵は寒さである北国で東京の人よりは寒さに強くウエアもこちらの方が上であると思っていたが全く逆であった。
 東京マラソンでは、日本の歴史がよくわかる。スタートまもなくが新宿歌舞伎町、弘前の鍛冶町の数倍はある。そこを過ぎると毎年終戦記念日に話題になる靖国神社がある。とても大きく広い。そして、3キロ附近、防衛省の市ヶ谷である。自衛隊の中心地であり、かつて三島由紀夫が割腹自殺した場所である。10キロ、毎日新聞社前を通るころには右手に大きな空間が見える。「何で東京のど真ん中にこんな大きな公園があるのだろう」と思った。皇居である。その向かいは第一生命ビル、第二次世界大戦後、GHQ総司令部のマッカーサーが常駐した場所である。桜田門外の変の場所も見える。15キロ過ぎの品川で折り返す。その他、都内には徳川家や忠臣蔵ゆかりの寺もあり、江戸の歴史がそのまま残っている。28キロ、浅草の雷門が見え、後半である。銀座を戻ってくる。歌舞伎座前を通過し湾岸に入る。ここからの東京はとても広く、風景は一変する。超高層ビルやマンションが多く別の都市のようなイメージである。しかし、ここら辺が2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場となる。35キロ過ぎになると自分の体の限界に近づき苦しさが突然増してくる。ふと、2回出場できたことのありがたさが思い出された。
 思えば出場が決まった後の人間ドック・がん検診で大腸ポリープが見つかった。普段の生活に支障がないのでマラソン後、いつか手術になると思っていた。しかし、思い切ってかかりつけ医と相談し、地元黒石病院を受診し正月明けの内視鏡手術が決まった。手術は無事成功しマラソンに参加できることになった。
 漸く東京ビッグサイトのゴールにたどり着いた。検診してなければ手遅れになっていたに違いない。検診の大切さが身にしみてよく分かった。今年の東京マラソンからはリオ、東京五輪までの選手が誕生するので注目したい。
   (黒石幼稚園園長 山内孝行)

∆ページの先頭へ

「ソウルフード考」茶碗蒸し甘いかしょっぱいか

2016/1/31 日曜日

 

 弘前市のかだれ横丁で開かれた「あおもりツーリズム創発塾・津軽学」の公開講座「ソウルフード津軽/うけつがれた味」に参加した。学習院大学の赤坂憲雄さんらを迎え、弘前市・黒石市・板柳町・鶴田町の町歩きや地域の食に関わる方々が話題提供者となって語り合う座談会である。派手ではなくても地域の人々に愛されてきた食に光を当てたいと、弘前大学の平井太郎さんが企画した。フロアにも大勢の来場者があり場はおおいに盛り上がった
 座談会の詳細は1月18日の本紙の記事でご確認いただくとして、ここでは話題に上った食について考えてみたい。「ソウルフード」として挙げられた中には、弘前では大和家さんのおにぎり、おやき、板柳のもつ焼き、黒石のアイスキャンデーなど、子ども時代や学生時代にお世話になった身近な味がある。鶴田町の方々はお手製の漬物を並べ、赤カブをはじめとする様々な漬物や山菜が、日々の食卓にいかに密接に結びついているかを心を込めて語られたさらにお正月に欠かせないという「けの汁」に話が及ぶと「こあえ」「練りこみ」など、専門用語的名称が飛び交い、ディープな世界が展開し始めた津軽の食の奥深さ全開である
 話は津軽の味つけの「甘さ」にも及んだ。そう、津軽ではお稲荷さん、お赤飯、茶碗蒸しも甘い。津軽出身者には当たり前だが、他地域の人が驚くポイントである。時には気持ち悪いとまで言われることがあるが、そこは譲れない!のだそうで、それが正に「ソウル(魂)フード」たるゆえんなのだな。
 私自身は津軽出身ではないが、親しい方から「津軽のごっつぉ(ごちそう)」を頻繁にいただいたので、津軽の甘い味つけがおいしいことを知っている。しかし同時に、その経験がなければ「ちょっと勘弁して」と言いたくなる気持ちも良くわかる。地元の人には懐かしくおいしいものでも、慣れない人には近づきにくいことがあるのが地域性の高い食の特徴だろう。
 暮らしに根ざしたソウルフードは外部の人の受けが良いものばかりではない。漬物やけの汁はほめるが、甘い茶碗蒸しは敬遠するというように、地域の食への近づきやすさは多層であり、地域の個性の強さの度合い(ソウルフー度?)とも対応している。これは地域の特性を見直す時、重要な点だ。
 現在は、情報や物の流通範囲が広くなり、国内だけでなく世界の食が手に入る。食が地域固有の文脈から離れ、観光資源として使われるようになっているいま、外部の人から高評価を受ける食を打ち出す一方、「茶碗蒸しは甘くないと!この良さは津軽育ちにしかわからないよね」という特別な食をとっておくのは素敵なことだ。そういう地域が多いほうが、旅する側も楽しいでしょ。
(弘前大学人文学部教授 杉山祐子)

∆ページの先頭へ

「いろんな色のはなし」赤ん坊はミドリ、水は黄?

2016/1/24 日曜日

 

 だいぶ昔の歌謡曲なら、「あなた好みに染められたい」なんて歌詞を、見つけることが出来るのかなぁ。昨今はこんな台詞を聞くことも、まして話すこともありませんけどね、色相・色彩のことは、大いに興味がある分野。
 たとえば、青信号はなぜ緑色なの?なんて突っ込みが、大好きなのです。この質問には、こんな答えを用意しております。つまり、中国文化の影響を受けていた古代の日本では、青と緑の色名を区別していなかった。青天や青蒼といった空は青でしょうが、青梅や青青なら、もちろん緑でしょ。こんな色名の混用が原因なんだってね。
 当然のことですが、青と緑は視覚的に区別しているのですが、その意味付けからは、さらに可笑しさが広がる。
 緑色は命に溢れて、若葉の色でもあるから、「若くてみずみずしい」ことを、「みどり」とよんだそうな。それならば、生まれたての真っ赤な赤ん坊も、「みどりご」といえるのかって。
 中国の思想である陰陽五行説では、青は東・春に配される。だから皇太子のことを「東宮」と呼称するけど、春宮・青宮も若宮のことなんだって。
 明治四十一年九月、東宮殿下は弘前に行啓なされ、やがて公園を「鷹揚園」と命名。御旅館として、弘前偕行社が用意されたんでしたよねっ。
 ところで、青色に幸せの想いを抱くのは、メーテルリンクの『青い鳥』に誘発されてだろうか。文字通りの音痴なので、『美しく青きドナウ』の曲名は知るが、楽曲は思い出せない始末。だから、アフリカの「青ナイル」といわれても、もはやなんの感傷もない。まぁ、「ブルーな気持ち」というのもありましょうが、空や水の色合いを想えば、清々しくなりませんか。
 と、誘い水をしておきながら、実に恐縮なのですが、川の水は水色とは限らないから面白い。大気汚染などが問題になる数千年も前から、中国の川は土色が多い。代表的なのは、その名も黄河。大量の黄土を押し流しながら、茶褐色の水が流れ込むから黄海とは、良くできた話じゃぁありませんか。
 ちょっと話を複雑にすると「褐色」とは、黒みを帯びた茶色ではなくて、「カチイロ・カチン」と読む古語は濃い藍色だというからややこしい。
 平家物語の名場面、那須与一が扇の的を見事に射抜くときの装束は、鎧の下に着る直垂が褐色で、襟と袖の端が赤の錦というアクセント。こりゃぁ、見栄えがするってもんですよねぇ。
 光の三原色の赤だけ触れないのは、なにやら手落ちのような気分だから、最後ながらご紹介。赤く燃える太陽、血液の色。世界共通のことながらも、太陽を丸で赤く塗って、放射状に線を引くのは日本人の子ども。黄や橙で塗る外国人は、線は書かないそうです。
 日の光は、サンサンと欲しいねっ!
(元弘前図書館長 宮川慎一郎)

∆ページの先頭へ

「読書活動の効果」子どもは本を開く大人を見る

2016/1/17 日曜日

 

 昨年末に秋田市立図書館を訪ねた。市内5館で専門職採用された司書が読書案内や調べ物の相談に応じ、子どもの年齢に合わせた家族向けの本紹介など様々な事業が実施されている。また300人ものボランティアにより視覚障がい者・高齢者への対面朗読や子どもへの読み聞かせ、本の補修等が行われており、市民の社会参加の場となっている。図書館を拠点に地域で本に親しむ文化を感じながら、安直だが「全国学力テスト第1位」が頭をよぎる。
 平成21年度全国学力・学習状況調査をもとに国語、算数/数学の学力と読書活動の関係を分析すると、読書好きの子どもほど学力が高く、また平日の時間を計画的に使って読書の時間を生み出しているという。(「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査 C.読書活動と学力・学習状況の関係に関する調査」静岡大学による文部科学省委託調査研究、2010)
 さらに読書の効果は学力だけではないらしい。青少年および成人を対象とし、子どものころの読書活動が成長後の意識・能力に及ぼす影響についての調査からは、就学前からの読書活動が多いほど、職業意識や将来展望といった未来志向性、社会性、自己肯定感、意欲・関心、文化的作法・教養、そして選挙や政治への関心や意見を持つといった市民性において、意識や能力が高い。特に小学校低学年までに家族から昔話を聞いたり、絵本を読んだり読み聞かせをしてもらった体験と社会性や文化的作法・教養の高さに関連が強いという(「子どもの読書活動の実態とその影響・効果に関する調査研究」国立青少年教育振興機構、2013)
 では子どもを読書好きにするためには?厚生労働省の調査からは、単行本や文庫を多く読む父母の子どもは絵本や児童書を読む冊数が多く、親子の読書習慣に相関があることが示されている。(「21世紀出生児縦断調査」2010)また先述の学力との関係を見た調査によると、学校図書館に学校図書館司書がいる場合は利用頻度が高いほど学力が高く、資料を活用する指導が行われている学校の児童生徒は、必要な情報から解釈し、熟考・判断し、自らの考えを表現する能力が高いという。本や図書・資料を介した大人の姿や関わりが子どもの読書活動に影響を与えていることがわかる。
 青森県内の学校図書館司書の配置状況は全国最下位であり、市町村立図書館の設置状況も最下群、図書館職員の数も非常に乏しい。弘前市立図書館の運営には指定管理者制度を導入することが決まった。子どもの学力にもつながる地域の読書環境を形成する図書館はもっと教育政策の中に位置づけられる必要がある。学都弘前の教育環境の動向は今、県内だけでなく北東北の自治体からも注目を集めている。
(弘前学院大学文学部講師 生島美和)

∆ページの先頭へ

「個を磨き人を育てる」店は自分の物語のためにある

2016/1/10 日曜日

 

 株式会社物語コーポレーション(小林佳雄会長)は、焼肉「国内2位」、ラーメン「同5位」、お好み焼き「同3位」などの飲食店を全国に展開する。8年連続売上げ2桁増、10期連続増収増益。一部上場企業である。
 多くの会社は、人の和を重視する家族主義を目指す。そして一人一人に気を掛け合いながら、店舗、会社を一つの方向に向けようとするが、この会社は違う。一人一人の異なる性格を大切にし、個を尊重し、伸ばす人材育成企業を目指している。なぜならば飲食業の店舗は決して会社のためだけにあるのではない、社員一人一人が、自分自身の人生の物語を追求するためにあり、自分自身が集まって会社物語ができる。実はそれこそが物語コーポレーションの理念であるからだ。
 小林氏のすごいところは自分の弱さを包み隠さず開示して、とことん内省した自己分析結果を、会社説明会にきた学生の前で披露することである。
 慶応大学卒業の学歴を持たれるが、就職では苦戦の連続であった。30社、大小の会社を落ちた。そしてさらに、親から引き継いだ店においても、引き継いでまもなくに従業員が次から次へと辞めていったのである。
 何故なのか、ここから深く、凄まじい内省が始まる。そして気づいた事実は、就職も、結婚も、自分で判断していなかった。自分で何も意思決定していなかった。人に聞かないと判断できない自分がいたということであった。
 今多くの人が、自分が人からどう思われているのかで進路を決めている。だから受験と同様に、いい企業、有名企業を目指す。たった一回の人生をそんな決め方で決めていいのか。人は日々、新たに創造し、成長していく。だから瞬間、瞬間を精一杯生きなければならない。そのことをどうやって学生に知らせるか、それは説明会で自分を語るしかない、と決断された。
 入社式、新入社員100人への入社激励書は、一人一人の内容が違って書かれている。入社したその日から自分の物語が始まり、その日から会社の魅力に取りつかれ、燃えてくる。ある店長は店の長として、すべての判断をやらせてもらえるので、自分の価値観が店の経営に出せるのがいいという。この結果、業界平均離職率30%の中で物語コーポレーションは10%前後という低い数字がキープできるのである。
 今を生きろ、一日一日を大切に、その時、その場所で、何ができるのか、懸命に考え、判断し、行動しろ。これが小林流であり、会社説明会では孫子の兵法である「己を知ること」、ドラッカーが説く「リーダーの役割は意思決定」といった経営の真髄を熱く語られた。紙面が今回ほど足りないと思ったことはない。
(弘前医療福祉大学短期大学部教授 牛田泰正)

∆ページの先頭へ

Page: 1 ... 64 65 66 67 68 69

当サイトでは一部、Adobe PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード