日曜随想

 

「人と移動」震災がもたらしたもの

2012/5/20 日曜日

 

 慣れ親しんだ土地は、人にとってどのような存在なのだろうか。すこし前に、千葉県の人口が2011年に減少したとの報道があった。千葉県は人口が増え続けており、人口減少が考えられなかった場所である。県は、震災後の液状化現象や放射線量の高さが影響しているとみているそうである。
 人口の変化は他の地域でも起こっている。インターネットで公開されている住民基本台帳の人口移動データをみると、2011年以降、今までとは異なる人の流れが全国的に生じていることが分かる。これがはっきりしているのは、福島、茨城、千葉の減少で、東京、神奈川は減少こそしていないが増加傾向が鈍っている。反対に、愛知、大阪、福岡といった西日本のいくつかの地域では増加がみられ、東北では山形への移動が目立つ。本県は、減少傾向に少し歯止めがかかっている。
 人が別の土地に移り住むには、それぞれの理由がある。人の移動を示す数字は、人々が何を考え、未来をどのように想像しているのかまでは教えてくれない。しかし、これまでとは違う大規模な移動に対して、大震災と原発事故が大きく影響していることは疑いえない。戦後、いや明治以降、東京という街が、富や人を吸い寄せながら巨大化し続けてきたことを考えれば、この変化は驚くべきことである。あの震災がこの国の住人にいかに大きな動揺を与えたのかということを改めて感じずにはいられない。
 ところで、数年前に、生まれ育った地域に対する若者の意識を、学生たちと調査したことがある。対象は北東北出身の20、30代の若者で、インタビュー形式で行った。その結果、地元に住み続けている若者と、進学や就職をきっかけに東京や仙台などの県外に出た若者を比べると、後者の方が地元に対する愛着が強い傾向があるようだということがわかった。おそらく、自らが生まれ育った地域を外から客観的に見直す機会を得ることで、地元を再発見するためであろう。そしてまた、この結果は、生まれ育った場所のもつ意味の大きさも示しているように思われる。誰にとっても、長い時間を過ごした場所は、特別な意味を帯びるものである(時に、屈折した感情を含みながら)。
 震災後、住み慣れた場所を離れざるをえなくなった人々、あるいはあえて離れるという選択をした人々が何万人という単位でいる。中にはもう元の場所に戻ることのない人もいるだろう。彼らの気持ちを深く理解することは簡単ではない。だが、住み慣れた場所を離れるということがどのような経験であるのかということを考えることなしに、あの震災がもたらしたものをよく理解することはできないのだろうと思う。
(弘前学院大学専任講師 藤岡真之)

∆ページの先頭へ

「地域について学ぶ」「いろんな青森・いろんな時代」

2012/5/13 日曜日

 

 6月1日から隔週で5回、青森市新町の青森中央学院大学サテライトキャンパスで市民対象のセミナーを企画している。今回は「近代の青森」をテーマとし、県史編さん室の若手研究者たちの協力も得て内容を構成した。従来取り上げられることが少なかった青森市の合浦公園、またタイムリーなトピックとして東日本大震災での資料保全問題などを予定している。最終回の7月28日にはスペシャル講座として、元県立郷土館学芸課長の成田敏氏にねぷたやねぶたについてお話しいただく。
 こうした連続講座の大切さを感じるようになったのは、青森県の総合計画策定に関わった時からだった。2004年に始まった「生活創造推進プラン」の策定委員会は四つの小委員会に分かれていて、このとき私は教育文化小委員会の座長を担当した。最初の委員会で基本方針を話し合った時、事前に行われた県民アンケート結果も資料の中に入っていた。どちらかというと悲観的な内容が多かった。読めば読むほど、気が滅(め)入(い)ってきた。と同時に浮かんできたのは、自分たちも含めて、今住んでいる青森について、皆どのくらい知っているのだろう? という疑問である。自分自身、歴史文化はともかくとしても、自然環境や産業など、実はよくわからない。
 そもそもよくわかっていなければ長所も短所も見えてこないのは当たり前のこと。もっと地元のことを知る必要があるのではないかという意見が委員会の主流を占めるようになりその結果出てきたのが「青森を知る」というキーワードだった。それが「青森の豊かさを知り夢をもって未来を拓く社会」という方針につながっていった。ちなみに文化・スポーツ振興の主要な取り組み項目として「青森の歴史・文化の発信」が入ったのもこの時である。
 以上に加え、青森県女性史や青森県史など、これまで関わった自治体史編さんでも考えることは多かった。編さん作業を進めながら、いつも思うのはこれらの自治体史がいかに多くのエネルギーを注ぎこんで作られるかということである。こうした成果を学ぶ機会は、多いに越したことはない。県内で青森県近代の歴史についてお話しする時、いただく感想は「地元なのに知らなかった」というものが多い。現在も勤務校である青森中央短期大学で県内の歴史に関する講義(郷土と文化)を担当しているが学生たちはきわめて熱心で、時には文字通り目を丸くしている。まとめて学ぶ機会が少なかったことも理由の一つだろうと思う。
 冒頭で紹介した市民セミナーは、県内の歴史文化を学ぶ機会の一つとして今後、民俗や文化財なども予定している。少人数対象の、街角で学ぶ機会として、気軽に利用していただけたらと願っている。
(青森中央短期大学教授 北原かな子)

∆ページの先頭へ

感謝貢献 「人に喜ばれてこそ!発展」

2012/5/6 日曜日

 

 外食産業黎明期、成功された創業者の多くは疾風怒涛の人生をかいくぐり今の成功を勝ち得てきた。それゆえに、語る人生には奥が深いものがある。(株)グリーンハウス(給食・レストラン事業「さぼてん」他)を創業された田沼文蔵氏もその一人である。
 田沼氏は太平洋戦争敗戦時、南方戦地で小部隊の隊長として指揮を執った。多くの部下を死なせた責任を感じて自決しようとしたおり、白煙がこもるジャングルの中で「神の声」をきいたという。「命を大切にしなさい、部下を無事に復員させることが貴方の本当の任務です」と。実際は武装解除のため現地に来ていた中国国民党最高幹部の将軍の言葉であったが、田沼氏は本当に神様が語りかけてくれたと思っていると生前よく話された。
 「多くの兵士が目の前で命を落としていく。なぜ自分だけがまだ生きているのか、生かされているのか、そんなことを考えたときの神の言葉であった」と。この言葉で、生きて帰って国のために尽くそうと決心したと聞く。
 田沼氏のその思いは1947年、慶應義塾大学の大学予科食堂を経営(川崎市登戸)することからスタートした。「若い学生のために食糧を確保したい」そうした思いから食堂経営を開始した。今でこそ売上1131億円。従業員数2万5千人の大会社であるが創業期は苦難と涙の連続であったという。2000年、田沼氏は心不全のため、4月に永眠。葬儀は東京・新宿太宗寺で執り行われた。
 そこでの話である。遺影への祈りの後参列者は葬儀場の別室に案内され、用意されたお清めの席に立ち寄っていく。私が案内され座敷に上がり、注がれたビールを口にしたとき、近くに座っていた高齢の女性が切り出した。
 「私が辞める時、本社に挨拶に行ったのさ。そしたら文蔵さん、会議中なのに、ちょっとだけといって出てきてくれた。そして『良ちゃんには本当に苦労かけたな』といって『田舎の母さんに土産買っていけ』とお金くれたのさ。いつも近くにきて声かけてくれたけど、あの時本当にいい会社で仕事ができてよかったと思った」と。
 それからである。次から次へと思い出やエピソードが続き、会場はどのテーブルも涙、涙の雨に包まれた。
 田沼氏は企業に働く多くの人たち、企業を支えてくれている多くの人たちに常に気配りされてきた。どの職場も「家族」のようになったと聞く。
 田沼氏の経営の原点は「感謝貢献」の精神、そして社是、「人に喜ばれてこそ会社は発展する」は会社の経営理念である。
 家族の絆が今求められている。契約優先のドライな社会に、経営成功のヒントがそこにあると思えてならない。
(弘前医療福祉大学短期大学部教授 牛田泰正)

∆ページの先頭へ

「成熟国家論への疑問」不可欠な経済成長政策

2012/4/29 日曜日

 

 「日本はおそらく中国に負けて世界第三の国になり、更に落ちていくでしょう。しかし、そのことで日本人が不幸になると考えるのがおかしい。これが日本を不幸にしている一番の大きな原因です」「・・たしかに日本は、かつてのポルトガルのようになるかもしれません。ただし、それが不幸かと言うと、話は別です。現在のポルトガルを見てください。むしろ、ある意味で安定し、人々は幸せな人生を送っているのではないでしょうか」
 この二つの文は、いずれも中央紙に掲載された著名な作家と西洋経済史家によるものである。私はこれを読んだ時、ある種の違和感を持たずにはいられないのだが、皆さんはどうであろうか。私が違和感をもつ理由は、以前にもこの欄で紹介したが、ハーバード大学のフリードマン教授が力説するように、人類社会は経済発展があればこそ、モラル、すなわち、文化、教育、福祉医療、さらに民主主義も向上すると思うからである。このことは人類の歴史を紐(ひも)解けば明らかなことであろうが、私には先の文章はこの事実を否定しているとしか思えないのだ。
 前者は私が最も嫌いな論調の一つであるが、物的な豊かさの保障がなくとも精神的な豊かさは維持できるというものだ。以前に触れたが、こうした論はバブル経済が弾けた頃に盛んに喧(けん)伝(でん)されていた。先日、書店にその頃に出版された『豊かさとは何か』が平積みされていたのには驚いたが、経済が停滞するとこの種の議論が盛んとなるようだ。自国の経済が落ち込んでいく時、どうして精神的な豊かさが保障されるのだろうか。後者も今のポルトガルの現状を知っていれば、余りにも馬鹿げた話である。同国は、財政破綻の結果、ギリシャやスペインとともにEU諸国と世界経済に深刻な影響を与え、若年層の失業率は50%以上である。財政破綻と経済不況が国民と社会を大きな不安に陥れている中で、どうして国民は幸せなのであろうか。いっそのこと、国民の幸せのためには財政を破綻させればいいのかと、皮肉のひとつも言いたくなる。
 この両方に共通するのは日本=成熟国家論である。わが国は十分な経済成長を果たし国民も豊かになったので、これ以上の経済成長や物的な豊かさを求めたりするのではなく、これまでの物的な豊かさに立って精神的な豊かさを求めよというのである。しかし、待てよ! これまで蓄積されてきた物的豊かさはいつまで持ちこたえるのか。これを使いきってしまった時、果たして精神的豊かさを求めることが可能なのか。物的豊かさが存在してこそ精神的豊かさが保障されるというものだ。結局は、「成熟」は「衰退」を意味することになりかねないのだ。
(青森地域社会研究所特別顧問 末永洋一)

∆ページの先頭へ

「寝台特急日本海引退」二つの故郷をつないだ列車

2012/4/22 日曜日

 

 3月16日青森・大阪を結ぶ寝台特急日本海が半世紀以上の歴史にピリオドを打った。森昌子が歌った「哀しみ本線日本海」と重なる列車である。
 1973年に弘前大学に入学を許された筆者は長期休暇のたびに実家のある諫早市(長崎県)に帰省していた。その時利用したのが特急日本海である。ただし、実際に利用したのは最初の頃だけで次第に急行「きたぐに」を使うことが多くなった。その理由は仕送りの「旅費」が鍛冶町で飲みに消えるようになったからである。そのうちその急行券、乗車券までもが鍛冶町行きとなってしまい、同級生のT君にいつもお世話になった。ちなみに、ポケットに10円玉1、2個、食料は下宿のおばさんが作ってくれたおにぎり2個が頼りという哀れな旅であった。
 日本海であろうが、きたぐにであろうが、大阪駅には午前中には到着し、その夜まで長い待ち時間を強いられた。長崎行きはまた夜行だからである。その頃新幹線はまだ岡山止まりであった。お金に少し余裕があるときは大阪駅の近くにあった「うめだ花月」でお笑いを見て時間をつぶした。どつき漫才の正司敏江・玲児の漫才を朝一番で観たりした。観客は筆者を含めて2人で、どつかれ役の敏江さんが私のすぐ前に倒れこみ立ち上がるや「あんた見たわね!」と指さされ、顔を上げられなかったこともある。
 大阪駅の待合室にボーと長時間座っていると、30代のお兄さんが4、5人いて「兄ちゃん、働らかへん?」と順繰りに声をかけてきた。「どんな仕事ですか?」と聞くと決まって「建築関係の仕事や」と言われた。そのうち顔見知りになると声をかけてこなくなった。急行きたぐには、普通列車並みのスピードだった。そうすると気になるのが新潟県の長さである。山形の温海温泉を過ぎると新潟県に入るのだが、なかなか富山県にとどかなかった。
 長崎からの帰りは、親からの小遣いで懐は温かかった。したがってほとんどが特急日本海に乗ることができた。乗り換えの大阪駅である年配女性に声をかけられた。「娘に電話をかけたい」と電話番号を書いた紙きれを私に見せた。「あそこですよ」と公衆電話を指さしたが、私のそばから動かない。熊本県の玉名市から来て、電話のかけ方が分からないと言う。仕方なく公衆電話でその電話番号を回したがあいにく留守であった。発車時間が迫っていて気が気ではなかったが、若かった筆者は言い出すことができなかった。運よく1時間くらいで娘と連絡ができたが列車はすでに発車していた。
 時間が経過して、久ぶりに特急日本海に乗ったことがある。そのときふと「自分はどっちからどっちに“帰る”のだろう」と思った。故郷が入れ替わり始めた頃だったのかもしれない。
(弘前大学医学研究科長 中路重之)

∆ページの先頭へ

Page: 1 ... 49 50 51 52 53 54 55 56