発信!世界へ 五輪イヤー到来

 

2020/1/1 水曜日

 

 今年夏の東京オリンピック・パラリンピックは大規模なスポーツ大会であるだけにとどまらない。ホストタウンの取り組みや、観戦客をはじめとするインバウンド(訪日外国人客)への対応などを通じて、いまだ世界に知られていない地域独自の文化などを発信できるチャンスでもある。両大会を契機とする地域振興に向けた県内の取り組みを7回にわたり追う。

∆ページの先頭へ

ブラジル柔道との絆=1

 

強化合宿で稽古に励むブラジル視覚障害者柔道チームの選手ら=2019年7月、弘前大学武道場

 「ブラジル視覚障害者柔道チームが合宿を通じて国際大会でメダルを取るなど結果を出している」。2017年から弘前市で行われている強化合宿で指導に当たっている弘前大学柔道部の高橋俊哉監督はこう語り、市のホストタウンとしての取り組みがブラジルチームの成果につながっていると強調する。
 合宿誘致のきっかけとなったのは、ブラジルに柔道を広め、現地ではいまだに史上最強の格闘家と英雄視されているコンデ・コマこと故前田光世氏が同市船沢地区(旧船沢村)出身だったこと。同年7月にはその縁をたどり、船沢小、中学校の児童生徒と交流している。
 19年は岩木小学校と第三大成小学校を訪問し、レクリエーションなどを通じて親交を深めたほか、例年小中高生らを対象としていた合同公開稽古を国体予選終了後に行い、県内の多くの実力者が視覚障害者柔道に触れる機会を提供した。
 ブラジルチームは障害者への理解を広めることをパラリンピアンの使命と捉え、合宿に合わせて開かれるイベントに積極的に参加し、地元住民との絆を深めている。
 合宿を通じて成長しているのはパラリンピアンだけではない。視覚障害者柔道と晴眼者(せいがんしゃ)柔道の違いは互いに組み合った状態から試合が始まること。裏を返せば、障害の有無を問わずに競技できるのが特徴だ。組み手争いがないため小手先のごまかしが利かず、同大柔道部の山根哲平主将(21)=農学生命科学部3年=は「組む大切さを知ることができたし、それを意識して練習したことで実力が付いた」と、柔道への向き合い方が変わったと振り返る。
 市柔道協会の清野一榮会長は「障害を持っている人たちへの理解促進に取り組むことは当協会の柱の一つ」とし、練習環境を整えるだけでなく、道場の外で交流できる場を設けることが「柔道関係者としてのもてなし」と意義を強調した。
 こういった交流を重ねてきたことで、市は19年10月、共生社会ホストタウンとして登録された。20年以降もパラスポーツの普及や心のバリアフリー、ユニバーサルデザインの街づくりに継続的に取り組む方針だ。
 ブラジルチームは今年8月上旬、市内で1週間ほど事前合宿を行う。市文化スポーツ課オリンピック・パラリンピック推進室の長谷川竜太総括主査は「大会を前に壮行会を開く予定。大勢の市民の方に参加していただき、選手の背中を押してあげられれば」と思い描く。
 くしくも弘前ねぷたまつりの会期と重なる。これまでの強化合宿は7月に行われていたため、ブラジルチームにとっては未経験の文化交流イベントだ。「ねぷたで送り出すことができれば地元として最高ではないか。コンデ・コマをリスペクトしてくれている彼らを、街を挙げて送り出してあげられる」と弘大柔道部の高橋監督。柔道の競技人口がおよそ200万人ともされるブラジルに弘前を知ってもらうまたとない機会と言えそうだ。

∆ページの先頭へ

民間インバウンド団体=2

2020/1/3 金曜日

 

会員はノックノックワールドの活動に加え、それぞれのフィールドでもインバウンド対応に取り組み、黒石全体の環境整備・向上に尽力している

 東京五輪を追い風に、盛り上がりを見せるインバウンド(訪日外国人客)観光。行政を中心に受け入れ環境の整備が急ピッチで進められており、対応の充実を目指す輪は民間にも広がりつつある。黒石市の事業者らで結成された「ノックノックワールド」もその一つ。「世界の扉をノックする」という意味が込められた名の通り、インバウンドに特化した活動で海外に黒石を精力的に売り込んでいる。
 ノックノックワールドは市主催のインバウンド観光勉強会に参加した市内事業者らから成る団体。現在は、温泉旅館や飲食店の経営者、こけし工人、観光関係者らさまざまな分野の約50人が入会している。
 発足のきっかけとなった勉強会は、2016年度から3年にわたり行われた事業で、地方のまちづくりを支援しているFines.t(東京都)代表取締役の都築葉子さんが講師を担当。講座やワークショップ、先進地視察などを通じて、インバウンドの受け入れ環境整備の知識、関心を養った。
 事業終了を控えた受講者の間で「勉強会が終わっても仲間として活動していこう」という声が上がり、都築さんの後押しもあって前身となる「ノックワールド」が発足。定例会を毎月開催して地域活性化の方策などについて見識を深めるとともに、インスタグラムのアカウント開設や、ドイツのメディアに黒石をPRするメールを送るなど広報活動に着手した。
 昨秋、理念や方針をしっかり掲げ、同じ目標に向かって活動していこうと「ノックノックワールド」に改名し、再出発を果たした。
 今年は台湾や米ニューヨークを中心に海外メディアなど1001カ所に黒石のPR動画を送付する計画があるほか、市民の日常をテーマにしたモデルコースの検討、ホームページ開設なども予定している。
 代表を務めるのは、「旅の宿斉川」代表でニューヨーク在住経験のある斉川蘭子さん。斉川さんは「黒石は水、おいしい食べ物、温泉、歴史的な建物がある地域」と一度故郷を離れたことで見えた魅力を語る。また「『五輪が終わって環境整備も終わり』ではなく、小さなことを一つ一つやっていくことが民間チームの役割だと思う。私たちが住んでいる田舎の環境を守り続けることで、リピーターを増やし、最終的には移住したいと思ってもらえるようにしたい」と東京五輪後の未来も見据える。
 インバウンドに携わる市民、事業者が主体的に動き始めていることについて、市の真土亨商工観光部長は「意欲を持って取り組んでもらえるのは黒石市の大きな力になり、心強い。ノックノックワールドは多種多様な業種の人が集まっているので、それぞれの持つ人脈でより広範囲に黒石をPRできる」と期待。「市と民間が切磋琢磨(せっさたくま)、協力して黒石の魅力を発信していきたい」とした。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード