社 説

 

勤労統計不正「動機の徹底解明と再発防止を」

2019/1/12 土曜日

 

 厚生労働省の毎月勤労統計調査が不適切な手法で行われていた。統計に基づき算定する雇用保険や労災保険の過少給付額が総額567億円余、対象者は延べ約2000万人に上り、不足分支払いのため、政府が新年度予算案を修正する異例の事態に至った。各政策の基礎となるべき統計の信頼性が大きく揺らいだ。
 問題は単純だ。本来、従業員500人以上の事業所はすべて調査対象だが、東京都内については2004年から3分の1を抽出して実施。このため、大企業の調査数が減って賃金水準が低くなったことから、給付額が少なくなった。
 この問題について一部職員は認識しており、18年からは東京都分の企業数を本来と同等にする補正処理をしたところ、賃金が上振れ。この点を総務省から指摘されたことで問題が明らかになった。企業の抽出、補正処理は一切公表されずに行われていた。
 加えて、厚労省は昨年12月に問題を根本匠厚労相に報告していたにもかかわらず、同21日には問題を明らかにしないまま10月の確報値を発表していた。これでは「問題を隠蔽(いんぺい)していた」と見なされても仕方がない。
 言うまでもないが、国や地方公共団体が作成する公的統計は単なるデータではない。統計法では「行政利用だけではなく、社会全体で利用される情報基盤として位置付けられる」としている。中でも勤労統計を含む「基幹統計」は特に重要とされており、政府は全56の基幹統計を中心に調査手法を点検する方針だ。
 基幹統計は9府省庁が行っており、人口推計、人口動態統計、生命表などをはじめ、産業や教育など幅広い分野におけるわが国の姿を映している。これらは政策を立案する上で重要な基礎となるもので、国民生活に大きな影響を及ぼす。手法が恣意(しい)的にゆがめられることは決してあってはならない。
 勤労統計の不適切な調査によって過少給付が生じたものの中には、失業給付や労災保険の年金給付などが含まれる。受給者にとっては生活に不可欠なもので、過少給付によって生活を圧迫された人も少なくないだろう。
 驚くことに、不適切な手法で調査が行われていた当時の関連文書には「全数調査をしなくても精度を確保できる」との記載があり、昨年6月には神奈川、愛知両県、大阪府にも抽出調査を行うと連絡していたという。規範意識の低さがうかがわれ、問題が発覚しなかった場合、「ルール破り」が拡大し続けたことは容易に想像できる。怒りを禁じ得ない。
 これほど大きな影響を及ぼす不適切な調査がなぜ行われるようになったのか。動機を徹底的に解明し、再発防止につなげてもらわなければならない。われわれも今回の問題を機に、統計調査の重要性をいま一度しっかり確認したい。

∆ページの先頭へ

山岳スキー遭難防止「注目される八甲田ルール」

2019/1/11 金曜日

 

 八甲田ロープウェー、八甲田スキーパトロール隊や八甲田周辺の宿泊施設などでつくる「八甲田山岳スキー安全対策協議会」が設立され、山岳スキー遭難事故時の対応などを定めた「八甲田ルール」の運用を始めた。ルールでは定められたコース外などで遭難が発生した場合、救助に関する活動費用を遭難者に請求することが記されている。県内での同種のルール策定は初のケースとみられる。
 雪国の本県にあって、冬季観光の促進は長年の課題だ。さまざまなイベントが企画されたり、温泉や食など本県の良質な観光資源と組み合わせたPRが積極的に行われているが、効果が一朝一夕のうちに表れるというものでもない。
 その中にあって、近年、大自然の雪山を滑り降りる「バックカントリー」でのスキーやスノーボードがブームとなっている。中でも八甲田は、そのダイナミックな景観に加え、雪質も良質なスノーパウダーとのことで、外国人観光客からも人気を集めている。
 雪を観光資源と考えた場合、本県は多くの宝に恵まれていることになる。バックカントリーが外国人観光客に人気という点も心強い。まだまだ本県への誘客が見込まれるインバウンド対策の柱の一つとして、バックカントリーを中心に据えたスキー観光は、発展していく可能性があるといえるだろう。
 一方で人気が高まれば、それに伴って事故が増えるなど、マイナス面が目立つようになる。コースとして整備されていないバックカントリーはゲレンデスキーと比べて遭難の危険性が高く、事故の発生が全国的に増えている。本県の冬山遭難は概して少ない傾向にあるが、バックカントリー人気がさらに高まれば、今後増えることも予想されるだろう。
 ルールではバックカントリースキーなどの際は、入山・登山届を提出するよう求め、その上で八甲田ロープウェースキー場のコース外や営業時間外の利用で遭難が発生した場合、救助活動に関する人件費やロープウエーの時間外運行費などを遭難者に請求することを記している。
 八甲田ルールでは、バックカントリーで楽しむために、万全の準備と細心の注意を払うことと、滑走の自由を満喫するためには「自己責任」が伴うことへの理解を求めている。人の手が加わるゲレンデスキーとは異なるだけに、スキーヤーに相応の心構えを持ってもらい、きちんとした装備と定められた入山届などの手続きを求めることは重要なことだ。その上で、「万が一」に至った場合は応分の救助活動費を負担してもらう。理にかなったルールであり、スキーヤーらの理解も得やすいだろう。県内では、八甲田以外にも良好な環境でスキーを楽しむことができる地域がある。八甲田ルールの今後の展開を注視し、こうしたルール作りがさらに輪を広げることを期待する。

∆ページの先頭へ

ゴーン容疑者陳述「さながら初公判の様相」

2019/1/10 木曜日

 

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者が私的損失を日産に付け替えたなどとされる会社法違反(特別背任)事件の勾留理由開示手続きが東京地裁であり、同容疑者の弁護人は同じ日に勾留の取り消しも請求した。
 一般にはあまり耳にすることがない同手続き。容疑者や被告、弁護人らの請求に基づき行われるが、実際の刑事手続きでは請求は少ないという。今回はゴーン容疑者の意向が反映されたようだ。
 出廷したゴーン容疑者は意見陳述で、特別背任容疑について「いわれのない嫌疑」などと無罪を主張。最初の逮捕事由となった、役員報酬の一部を退任後払いにして隠したとされる金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑についても隠蔽(いんぺい)の意図を否定し、立件した東京地検特捜部の捜査を批判した。
 主張の方向性は想定通りだったが、ゴーン容疑者は自ら潔白を訴えたかったのだろう。勾留取り消しの請求は却下されたが、早期の保釈に向けた布石でもあったかもしれない。
 いずれにしても、ゴーン容疑者と検察側の主張が真っ向から対立する構図がいっそう明確に。起訴・不起訴などの判断が示されていない段階にもかかわらず、さながら初公判の様相を呈した。
 かつて赤字だった日産の経営を立て直し、カリスマ経営者ともてはやされたゴーン容疑者が公の場に姿を現したのは、最初に逮捕された昨年11月以降、50日ぶりということもあり、おのずと注目度は高かったと言える。
 ゴーン容疑者は、日産と連合を組む仏自動車大手ルノーの最高経営責任者(CEO)も務めている。一連の事件およびその経過が、連合の主導権や両社の経営統合問題などにも影響を与えるのでは―と指摘されている。
 海外メディアからは、事件の背景に「日産内部の対立があるのでは」といった疑問も投げ掛けられている。仏メディアは、勾留期間の長さや取り調べに弁護士が同席できない点などを批判しているという。
 一連の事件は日本国内の事件であり、国内の刑事手続きにのっとり適正に進めることは当然だが、立件に瑕疵(かし)がないならば証拠に基づいた事実を曇りなく示すことで海外の批判的な見解とも相対すればよい。
 特別背任に関しては特捜部の調べなどによると、ゴーン容疑者が2008年、約18億5000万円の評価損を抱えた金融派生商品取引の契約を自身の資産管理会社から日産に移した疑いなどが持たれている。同容疑者は「日産に金銭的な損失を負わせない限りにおいて、一時的に担保を提供してもら」い、「日産に一切損害を与えていない」と主張した。契約を日産に移した行為自体が特別背任に当たるかが一つの争点となりそうだ。

∆ページの先頭へ

高校サッカー「青森山田の王座奪還に期待」

2019/1/9 水曜日

 

 サッカーの全国高校選手権で本県代表の青森山田は12日、準決勝の尚志(福島)戦に臨む。攻撃力は折り紙付きで、守備も準々決勝までの3試合で失点1と安定。黒田剛監督は「青森に優勝旗を持ち帰る」と宣言し、チーム一丸で2年ぶりの高校日本一を目指す。
 チーム最大の特徴は素早い攻守の切り替えだ。攻撃陣は前線から相手守備陣に圧力をかけ、中盤もボールを持った選手に素早く体を寄せて決定的なパスを出させない。守備の要の三國ケネディ選手は相手エースを密着マークし、危険の芽を摘んでいる。
 今回の選手権に臨むに当たり、黒田監督は「最少失点で勝ち上がるチーム」を掲げる。Jリーグのユースチームも参加するリーグ戦とは違い、選手権は堅守速攻のチームが勝ち上がる傾向が強いからだ。
 「選手権は一瞬で入れ替わる場面が多い。リーグ戦よりワンプレー早い」と指揮官。だからこそ、攻撃陣にも守備の意識を徹底させる。
 咋夏の全国高校総体は、2回戦で逆転負けする苦い思いも。黒田監督は「2点リードして守備をさぼる選手がいた」とした上で、「選手の心を動かすのは危機感。だらだら入る選手権が一番怖かった」と語る。練習から選手に厳しい言葉を掛け、主将を檀崎竜孔選手からGKの飯田雅浩選手に替える荒療治も施した。
 一方の攻撃は、単純にボールを前線に放り込むのではなく、左の檀崎選手、右のバスケス・バイロン選手が個人技を生かして切り込むほか、セットプレーでは190センチを超える三國選手がターゲットになる。
 もちろん周囲の選手も能力が高く、3試合でゴールを決めた選手は控えを含めて10人に上り、二階堂正哉選手の2得点が最高。Jリーグ入りが決まっている檀崎選手と三國選手が注目される中、個性とチームの完成度の高さがかみ合った結果と言える。
 青森山田中学から全国の舞台で活躍してきた選手も含め人材は豊富。黒田監督は「個性があり、性格的にもパワーがある子たち。優勝したときのチームによく似ている」と評する。
 指揮官自身にも自負はある。「雪国の青森のチームではあるが、全国をリードする最先端の取り組みを意識している」と他校に譲るつもりはない。
 むろん選手権を勝ち抜く難しさも理解している。今回はロングスローが武器の澤田貴史選手を初戦から起用。準々決勝の矢板中央(栃木)戦での2得点は澤田選手のロングスローが起点となるなど狙い通りの采配だった。
 準々決勝後、黒田監督は「ここを目指していない。必ず王座を奪還する」と力を込めた。2年ぶりの優勝へ、まずは東北勢対決に集中したい。

∆ページの先頭へ

東京で百段雛まつり「地元民も魅力の再認識を」

2019/1/8 火曜日

 

 東京都目黒区のホテル雅叙園東京で18日から開かれるひな人形展「百段雛(ひな)まつり」に、最後の弘前藩主・津軽承昭が明治時代にあつらえたとされるひな道具「蝋色笹唐草御紋付雛道具(ろいろささからくさごもんつきひなどうぐ)」(弘前市立博物館所蔵)が、東京で初公開されることになった。
 ホテル雅叙園東京内には、1935年に建てられた木造建築・通称「百段階段」が現存しており、ここが展示会場となる。百段階段は7部屋を99段の長い階段廊下でつないでいるもので、各部屋の天井や欄間の華麗な装飾は、当時屈指の著名な画家たちが手掛けている。
 破格の豪華さを持ち、2009年に東京都の有形文化財に指定された百段階段で、全国各地で大切に守られてきたひな人形・ひな道具を紹介する百段雛まつりは、通常の博物館での展示と異なる華やかさが特徴となる。リピーターも多く、過去9回の累計来場者数は55万人を超える人気イベントだ。
 また主催者側によると、東京は関東大震災や東京大空襲などの被害で多くの家屋を失ったことから、歴史あるひな人形やひな道具の現存数もさほど多くないという。このため百段雛まつりは、東京の人々にとって各地の名品を見る機会であると同時に、どこか郷愁を感じさせる展示にもなっているとも聞く。
 百段雛まつりはこれまで数々の名品を紹介しており、10回目となる節目の今回は「青森・秋田・山形ひな紀行」と題して開催。かつて北前船交易で栄えた山形県酒田市の旧家に残る江戸時代のひな人形や、本荘藩主・六郷家(秋田県)に伝わるひな人形・極小のひな道具などとともに目玉の一つとして展示されるのが、津軽家ゆかりの「蝋色―」である。
 「蝋色―」は比較的新しい明治時代の作品となるが、乗り物(かご)、書棚、三曲揃(楽器)など、多種多様な大名道具が細部まで丁寧に作り込まれ、津軽家の家紋である杏葉牡丹(ぎょうようぼたん)紋も蒔絵(まきえ)で描かれている。全てを並べると全長16メートルにもなり、大名家の姫君の華やかな生活をほうふつとさせるような婚礼調度の数々は圧巻だ。これほど種類がそろったひな道具は全国的にも珍しいとされる。
 主催者側は、このひな道具の素晴らしさを来場者に見てもらおうと、普段はA4判のチラシを見開きとし、多種多様な「蝋色―」のひな道具を見開きで見せているほか、会場でもずらりと並べていく展示方法を取るという。
 「蝋色―」はこれまで、弘前市立博物館の企画展などで地元民の目を楽しませてきた名品だが、3月10日まで絢爛(けんらん)豪華な“晴れ舞台”に臨むことになる。展示を終えて地元に“凱旋(がいせん)”し、改めて展示される際には、まだ見たことのなかった地元民も含めて足を運ぶなどし、地域で守ってきた宝の良さを再認識してみてはどうだろうか。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3 4 5 6 ... 105

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード