挑戦!健康寿命 弘前大COIプロジェクト

 

2019/1/27 日曜日

 

  岩木健康増進プロジェクトを求心力に「短命県返上」を掲げ産官学民が連携する弘前大学COIは、3年ごとの国の中間評価で「S+」を獲得し2期連続最高評価となった。少子高齢化が急速に進む中「日本一の短命県」のフィールドを逆手に取った“弘前発”の挑戦は、国内外の注目を集める。地方大学の枠を超えて躍進する取り組みを5回にわたって紹介する。

∆ページの先頭へ

岩木健康プロジェクト=1

 

岩木文化センター「あそべーる」などを会場に長年にわたり続く岩木健康増進プロジェクトの健診。弘大COIの核となっている=2018年5月

 「いよいよ健康は自分で責任を持つ時代が来た」―。団塊の世代が75歳以上となる2025年が迫り、医療費60兆円時代の到来が危惧される中、弘前大学COI(センター・オブ・イノベーション)の中路重之拠点長は、健康づくりの必要性をこう強調し、一人ひとりの健康意識や知識の向上の必要性を訴える。
 「短命県返上」「健康長寿社会の実現」に取り組む弘前大学COI。その“核”となる「岩木健康増進プロジェクト」は05年に、旧岩木町の平均寿命アップを目標に掲げてスタートした。「平均寿命は医療だけの問題ではなく、さまざまな要素が影響する」とし、健康な住民約1000人の健診データを追跡したのが始まりだ。
 13年に文部科学省の「革新的イノベーション創造プログラム(COI)」に採択されると、プロジェクトは飛躍的に成長を遂げる。
 健診14年目となる18年度の検査項目は遺伝子や内臓脂肪、歩行分析睡眠食事、口腔(こうくう)、職業、家族構成など2000にも及ぶ。最近は参画企業の増加により、疾病予防などに力点を置いたユニークな検査項目も登場した。
 弘大COIの村下公一副拠点長は「分野の垣根を越えた超多項目ビッグデータは世界に類を見ない。2000項目という多因子的解析を可能にする、健康な人の遺伝子から生活習慣までのデータを網羅的に取っている」とその価値に自信をにじませ、「例えば1000人の腸内細菌データだけでは大きな意味を持たないが、2000項目との関連性を見つけると革新的な知見をもたらすかもしれない」と今後の可能性を強調する。
 これまでの健診受診者の延べ人数は2万人を超える。このビッグデータを基に、東京大学や京都大学などとの大学間連携が進み、日本のトップデータサイエンティストによる最強解析チームも本格稼働。
 まだ初期段階だが、糖尿病や認知症、動脈硬化など20もの特定疾患の新規発症(3年以内)を予測するモデルが構築されている。
 今年度は腸内細菌などの解析に基づいた“弘前発”の「腸環チェック」検査キットの販売も開始し、社会実装の芽が出始めた。
 健診に参加した70代女性は「時間はかかるが、隅々まで分かるので楽しみにしている」と生き生きとした表情を見せる。60代男性は「家族で健康について話すようになった。孫のために長生きしたい」と自ら結果を分析している。
 会場には医師、市民ボランティア、学生、COI参画企業、大学、自治体などから1日300人近くのスタッフが集結。おのおのが健康づくり、研究活性化、人材育成などさまざまな目的で支え合う場にもなっている。
 厚生労働省が17年に公表した都道府県別の結果で、15年の本県の平均寿命は男女ともに全国最下位だった。一方、各種データをみると、本県の平均寿命の延び幅は全国3位(男性)となるなど、平均寿命・健康寿命の延伸に向けた取り組みは着実に効果を表し始めている。
 中路拠点長は「産官学民のすべてがそろい、短命県返上という目標に向かう人たちのプラットフォームの役割がある。単なる健診ではなく、健診後の参加者たちと連携した健康づくり、まちづくりを目指している」とその意義を強調。「短命県返上は何としてでも達成したい。本気でやらなきゃ駄目なんだ」と力を込める。

∆ページの先頭へ

Page: 1 2 3