津軽店先探訪 ちょっとお尋ねします

 

外国産葉巻=4

2018/11/29 木曜日

 

パッケージやフレーバーもさまざまな外国産のたばこが並べられたコーナー

 スーパーの一角に、「弘前一の品ぞろえ」を誇る葉巻コーナーがあるのはなぜなのか―。弘前市城東北4丁目のメガ城東北店(長谷川洋平店長)には、通常のたばこ売り場で見掛けない外国産葉巻が並んでいる。
 メガ他店で外国産葉巻を扱ったスタッフが配属され、試しに10種類程度を置いたところ、弘前の葉巻ファンが反応。口コミで客が集まるようになり、「要望に応えるうち、どんどん種類が増えた」(担当スタッフ)。
 弘前のハイカラ好みと合致したのか、しゃれたパッケージも目を引くひそかな人気コーナーだ。

∆ページの先頭へ

飾り菓子=5・完

2018/11/30 金曜日

 

季節に合わせて作られる飾り菓子。今年の「菊と紅葉まつり」の時期は紅葉と岩木山

 この繊細さが和菓子の技術―。明治時代に創業した弘前市土手町の和菓子屋「開雲堂」(木村ノブ代表取締役)は店飾りとして、四季折々を表現する飾り菓子を作っている。
 形を保つ針金を芯に、うんぺい粉や砂糖、あんなどを材料に作る。昔の弘前では今より多くの和菓子屋が点在し、季節や祭りに合わせて変わる飾り菓子をあちこちで見ることができたという。
 職人が交代で手掛けており、「背景、色合い、余白などを考慮し、立体的な絵のように仕上げる」と同店。職人の技術を見せると同時に、訪れる人の目を楽しませている。(終わり)

∆ページの先頭へ

Page: 1 2

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード